スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
七天爱上你のセリフが、流行語に?
2009 / 11 / 14 ( Sat )
091114_01.jpg

映画《七天爱上你》のセリフが、新たな流行語になっている?
という記事が、少し前に出ていたのでご紹介しますー。

《七天爱上你》票房过千万 台词成新流行语

ロマンチック恋愛映画、《七天爱上你》は11/3の公開以来、
全国各地でブームを巻き起こしている。
統計によれば、最初の週末の売れ行きは一千万を超え、
湖南、湖北地方では、迈克尔·杰克逊(マイケル・ジャクソン)の
《就是这样》(「THIS IS IT」)をしのいで、
11月の映画興行におけるダークホースとなっている。

《七天爱上你》が観客に喜ばれているのは、
李小璐と贺军翔による美男美女の “不思議な” ラブストーリーと、
キャンピングカーにツリーハウスなどの美しい風景だけでなく
その、ユーモアにあふれる可笑しい台詞が、
この映画の、見どころとなっているからだ。
映画の中のセリフが、すでにネット上では流行語になりつつある。



ええと、以下、一部、映画のストーリーに触れる内容になっています。
なので、読んでもいいよという方は「続きを読む」へどぞ。

********************************************



●流行語その1: “我随便起来不是人” 。
私がチャラかったら、そんなものじゃないわよ。

賀軍翔が李小璐と知り合って間もない頃、
彼らはお互いのことをよく知らなかったが
李小璐は、賀軍翔に冗談を言った。

賀軍翔はまだ少し、ガードが固く
“我不是随便的人”
「僕はそんなにチャラい人間じゃないんだ」と言うと、

李小璐は、すぐに反応して言った。
“我随便起来不是人”。
「私がチャラかったら、そんなものじゃないわよ」。
(人間じゃないわよ)


李小璐が、この浪漫恋愛映画の中で突然こう言い放ったのは
相当、衝撃的だった。
同時に、1980年代以降に生まれた女性たちのスタイルでもあり、
このセリフは、若い女の子の支持を得やすく、広く流行りそうだ。
ただし、多くの男の子たちは、災難だ。恋人が野蛮な女の子に
変わってしまう危険があるからだ。

流行程度:★★★★★



●流行語その2: “我认为他只是个会走路的人” 
僕は彼がただの“歩ける人”だと思っていたよ。

《七天爱上你》は恋愛ロードムービーである。二人の主役は、
キャンピングカーを運転して郊外に旅行に出かけるだけでなく
有名な探検家、余纯顺について話し合う。

李小璐は相当、この余纯顺を崇拝していて
余纯顺が書いた本も持っている。

だが、賀軍翔はこれに納得できないでいた。

李小璐は賀軍翔に怒りながら力説する。
「彼は探検家なのよ!」

賀軍翔は答える。
“我认为他只是个会走路的人” 
「僕は、彼がただの“歩ける人”だと思っていたよ」


李小璐が衝撃的な発言をした後、
今度は賀軍翔がやり返し、邪悪な一言を発した。

探検家を称して、ただの“歩ける人”とは、これも相当、衝撃的だ。
観衆は、こうしたセリフを聞くと、
この後、どんな邪悪な一言が出てくるかに興味を持つ。
どれだけの言葉が、変な解釈をされて出てくる危険にさらされているか
わからないのだ。

予測流行度:★★★☆☆



●流行語その3:“奥巴羊啊”
アオバヤンア。

李小璐と賀軍翔の二人が、田舎の小道を走っていたとき
ひとりの農民が、羊の群れを歩かせているのに遭遇する。

賀軍翔は、そのうちの一匹の羊を指さして
「あれが、きっとリーダーだよ」と言う。

李小璐がわからずに「どうして?」と尋ねると、
賀軍翔は答えた。

“奥巴羊啊”
アオバヤンア。


賀軍翔のこの話はちょっとサムい。
もし、米国の大統領の名前を知らなかったら、反応できないだろう。
もしも、知っていれば、味わいがあり、相当笑える。

流行度:★★★★☆



**********************

最後にもうひとつ、流行語その4があるんですが
これは、訳しただけでは意味がわからないので省略します。
たぶん、ストーリーと関わっている内容と思われます。
あしからずー。

ということで、記事をご紹介しましたが、
「その3」の、奥巴羊啊は、発音によっては似てるのですかねえ。
発音記号は、ào bā yáng ā となります。

まぁ、脚本家が考えたもので
小美本人が考えたセリフではないのでしょうけれども
サムっ。(笑)


テーマ:賀軍翔 マイク・ハー - ジャンル:アイドル・芸能

インタビュー/記事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「ミニスカートをはいて良いのは…」記事中、和訳ミス訂正。 | ホーム | タイトル周り、模様替え♪>>
コメント
----

ずいぶんと久しぶりのコメントです。
上海に住んでいるので、幸運にも先週、映画館に行ってみてきました。
セリフも凝っているし、時間配分的にもスッキリとした、いい映画でした。
風景もこんなところが中国にもあるんだ~と感動。
なんといっても、大きなスクリーンで見る小美は、最高です!!

・・・・が、そこにいたるまでの苦労は~
湖南の方ははやっているのに、
現在市内で上映しているのは一館のみです。
(20箇所ほどあるんですが)
それも、3日公開時点で、上映は市内5か所ほどで夜一回のみでした。
(小美が首映見面会をしたところでさえです)
おかげで毎日チェックして見れるところを探す日々が・・・・
日本ならこんな苦労はしないのに。
なぜ、こんなに違うんでしょうね。
上海の人はあまり映画見ないのかな~
(私が見た日も、一日一回お客は5人でした)で、翌日からは中止。
この不思議はいつまで続くのか・・・?
by: saku2 * 2009/11/17 17:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://xiaomeimi.blog82.fc2.com/tb.php/2150-91f81677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。